ドメインって何?

ホームページを作るにあたって必要な物の一つ

ホームページを作るのに絶対に必要なのはサーバー(置き場所)とドメイン(アドレス)です。
その2つのうちの一つで、ドメイン会社に申請・支払いをして手に入れることが可能です。
また、利用条件を守ることで手に入れられる無料ドメインも存在します。

ネット上での住所のような物

https://www.○○○△△△.com
のようなURLがあったとして、○○○△△△が自分が考えて申請したもの、.comの部分が自分が選んで頼んだ会社が発行してくれるもの、それらを合わせて○○○△△△.comが自分のドメインとなります。
ホームページに実際に訪れてもらう前に自分のページがどのようなものであるかを、このドメインである程度表すことができるため、シンプルではありますが非常に重要なものとなっております。

ドメインにはどんなものがある?

日本の有名所では
.com
.net
.co.jp
.org
.info
.biz
などがあります。

特に.comは非常に有名で、当初は商業団体用に用意されたものだったのですが信頼性が非常に高いため、一般公開後は非商業のポータルサイトや個人運営のホームページなどにも利用されています。

それぞれの大まかな特徴

ドメイン名 .com
対象 商業団体(現在では一般開放されている)
解説 commercial(商業)の最初の3文字が由来。
元来は商業団体用を想定していたドメイン。元はアメリカの国防省が管理していたものなので歴史と信頼度が非常に高い。
インターネットの普及に伴い一般に開放されたため、しっかりしたホームページを作りたいと考えるならばこのドメインにしたいと思う人が多い。
ドメイン名 .net
対象 制限なし
解説 network(ネットワーク)の最初の3文字が由来。
名前からネットワーク関連の企業、テクノロジー関連企業、ネットインフラ関連の企業、広告業界などに人気がある。
また、歴史と信頼性もあるが.comほどの人気はないため、どうしても取りたい名前が.comで取れなかった場合の代替として取るという人もいる。
ドメイン名 .co.jp
対象 法人のみ
解説 corporate japanのが由来のドメイン。
名前から分かる通り、日本に登記が存在している企業形態の法人を表している。当然だが日本国内では非常に信頼度が高いため、人気は高い。
ドメイン名 .org
対象 制限なし
解説 organization(組織・団体)の最初の3文字が由来。
企業以外の団体が対象だったため、非営利団体が好んで取得する。取得制限は特にないが日本の一般の人からの認知度はそれほど高くないため、非営利団体以外で好んで取るということは稀である。
ドメイン名 .info
対象 制限なし
解説 information(情報・お知らせ)の最初の4文字が由来。
比較的新しいドメインだが、名前の印象から告知用の特設サイトなどで好んで使われている。常設するホームページのドメインとしてはあまり適さない。
ドメイン名 .biz
対象 制限なし(商用実態がない場合の剥奪あり)
解説 business(ビジネス)の略語であるbizが由来。
新しいドメインの一つであり、商業団体以外が使用している場合はドメインを剥奪される、商標権を持っている者にドメインの優先権があるなど、厳しく管理されているためbizドメインを付けているという事は一定の信頼があるということになる。
だが、日本の一般ユーザー層がこれらへ深い理解を持っている訳ではないため、好んで取るという選択肢にはあまり上らない。

これら以外にも多様なドメインが存在します。

有料ドメイン・無料ドメインのメリットデメリット

有料ドメイン

メリット
  • 信頼性が高い
  • 末尾のアドレスによってホームページの属する分類を表すことができる
デメリット
  • 毎年お金がかかる
  • 取得時にもお金がかかる
  • みんなが思いつくような単語は競争率が高いため取りにくい

無料

メリット
  • 有料で使われてる有名なドメインと同じものが取れる可能性がある
  • お金がかからない
デメリット
  • 有名な有料ドメインと違い信頼性が薄い、悪く言えばうさん臭い
  • 会社によって利用条件がまちまち
  • 突然サービスが停止する可能性がある

ドメイン名ってそんなに大事?


非常に大事です。参考になる例を挙げながら説明していきます。

よく目に触れるドメイン=信頼度が高い

実際にユーザーがホームページに訪問する前に目に触れることができる情報はドメイン名だけのため、非常に重要です。

欧米ではブランド用のドメインを提案することを主業務とするコンサルティングも存在しますし、世界中のテレビ局は好んでツバルという国の.tvドメインを購入しています。
これらのようなブランド戦略とまではいかずとも、きちんとしたドメインを取っている事が会社の信頼の一端を担っています。

ドメイン名が乱数だったり、よく知らない見慣れない会社が発行したアドレスであれば、不信感を抱いて避けられてしまう可能性は充分にあります。
見込み客をきちんと取りこぼしなく獲得するためにも、ホームページを開設するならばドメイン名についてもしっかりと考えるべきだと言えるでしょう。

更新を忘れると取られたりする

有料ドメインは毎年更新料が掛かりますが、更新料を払い忘れると、ドメインの保持権利が消失します。
その一瞬の隙を狙ってドメインを取っていく企業も存在し、返してほしくば金を払え、などの脅迫じみたことも行ってくるほどドメインは重要なのです。

信頼性が検索エンジンに蓄積される

ドメインを長年使い、ホームページに定期的に通うユーザーが存在すると、Googleなどの検索エンジンはそのドメインを信頼性の高いものだと判断し、検索結果の上位に上げていきます。
そのため、覚えやすいドメインを長く使い続けることが重要なのです。

結局ドメインは何を選べばいい?

ご自分の好きな名前の候補をいくつか考えた上で、用途に相応しいものを選ぶことをオススメします。
是非ご自分のホームページに素敵なアドレスを用意してあげてください。

お困りの際はお気軽にご相談ください

関連記事

  1. SEOって何?

  2. Yahoo!プロモーション広告の特徴を解説。google広告との違いは…

  3. Web広告の種類

  4. リスティング広告って何?料金からメリット・デメリットまで

  5. ホームページって何?

  6. facebook広告の配信される場所や課金方法