サーバーって何?

この画像はアジです。

ホームページを作る上で絶対に必要と言われる「サーバー」…
一体どんなもの指してるの?最近話題のクラウドとは何が違うの?何を基準に選べばいいの?
専門知識がないと分かりにくい概念ではあるのですが、できるだけ初心者の人にもわかりやすい解説を載せていきます。

サーバーってなに?


サーバーとはネットワーク上でどんな役割を果たしてるのでしょうか?
サーバーを英語で表すと、(Server)、給仕する人・サービスする人などを意味する単語と同じものになります。
その名が示す通りサーバーがネットワーク上でしている仕事というのは

  • 命令を受けた時に必要だと指示されたものを提出する事
  • ひいてはそれらの命令を受けて即提出できるようにするためのデータを集積する事

となります。

用意するデータの種類によっても様々な種類のサーバーがある

整理整頓の基本ですが、同じような用途のもの・同じ場所に提出するものは一か所に集積したほうが効率が良いですよね?
サーバーも同じように、メールに関連する情報を纏めたサーバー、ホームページに関連する情報を纏めたサーバーなど様々な物が存在します。

非常に多岐に渡るため、私たちが普段業務などを行うで実は関わっているものだけを挙げても

  • Webサーバー
  • メールサーバー
  • DNSサーバー
  • DHCPサーバー
  • FTPサーバー

などが存在します。

レンタルサーバーとは

上記の用途の中で、ホームページ構築に関わるものは「Webサーバー」になりますが、
これ一つを自前で用意するだけでも専門知識を持った人を雇ったり、専用機器を買ったり、サーバー用の空調や空間を用意したり、などと非常に大変になります。
ですので、小規模~中規模の法人ではそれらの機能を貸し出してくれる「レンタルサーバー」をいうものに申し込むのが一般的となっております。

レンタルサーバーとは、例えるなら色んな会社が入っているオフィスビルの一角を間借りするような感覚で、自分のホームページに関するデータを置かせてもらう物になります。

用途以外のサーバーの分類方法

用途以外のサーバーの分類方法として
物理サーバー
物理サーバーとはその名が示すように物理的なサーバー、サーバー用機器の丸ごと一台を
をそのまま一つの用途に使っているものを指します。

仮想サーバー
物理サーバーの容量をいくつかに区切り、あたかも中で複数のサーバーが動いているかのようなものを指します

ホームページ開設にあたって必要なサーバーの種類は?

ネットワーク業者やアプリケーション運営などを除く、一般的な企業で使われているものは主に

  • 仮想サーバー
  • レンタルサーバー
  • Webサーバー

の3つの要件を満たしたものになります。
難しそうに思えるかもしれませんが、レンタルサーバー会社で通常プランで貸し出しているものは基本的には仮想サーバーであるため、借りる側としてはあまり気にすることはなく、料金や機能などを比較しながら自分にとって必要なものを選定するのが良いでしょう。

お困りの際はお気軽にご相談ください

関連記事

  1. ドメインって何?

  2. Yahoo!プロモーション広告の特徴を解説。google広告との違いは…

  3. ホームページって何?

  4. リスティング広告って何?料金からメリット・デメリットまで

  5. facebook広告の配信される場所や課金方法

  6. SEOって何?